医療のFAQ

九段クリニック分院の「樹状細胞がんワクチン療法」と、他の「ペプチドワクチン」とはどう違うのですか?

獲得免疫(特異的免疫)という免疫システムは、攻撃の司令塔となる免疫細胞が、敵を直接攻撃することができるT細胞に敵の情報を伝えて初めて、敵を駆逐することができます。
がんの場合も、がん細胞を直接攻撃するのはT細胞という免疫細胞ですが、T細胞はがん細胞と正常な細胞を見分けることができないため、単独では攻撃をしかけることができません。そこで着目されたのが「樹状細胞」という優れた抗原提示能を持つ細胞です。
九段クリニックのワクチンは他の施設と異なり、樹状細胞にペプチド抗原を提示させて働かせるワクチンです。

 

樹状細胞がんワクチン療法とは

樹状細胞にはマクロファージの100倍にも相当するがん抗原を提示する能力があるとみられています。その樹状細胞をがんを攻撃する司令塔として体内に数多く存在させれば、獲得免疫が活性化され、がんを撃退する有効な治療法になり得ると考えられたのが、当院で行っている「樹状細胞がんワクチン療法」です。
当院では、患者さまの血液から「単球」を取り出し、大学病院の研究機関などでエビデンス(科学的根拠)に基づいて開発された特許技術を使って、安全な方法で膨大な数の樹状細胞を作製し、患者さまの体内に戻します。その際に、人工抗原などを使って、予め患者さまのがんの情報を樹状細胞に提示させてから体内に戻すこともできるため、患者さまのがんの特性に応じた治療を行うことができます。
また、樹状細胞からT細胞へのがん情報の伝達はリンパ節内で行われるため、当院では樹状細胞をワクチンとして体内に戻すときには、患者さまのがん患部に関連したリンパ節近くの皮膚に皮内注射を行います。こうすることで、おおよそ数時間以内には患者さまのがん情報を提示した樹状細胞がリンパ節内に入り、T細胞に攻撃の指令を出し、がんへの攻撃が始まると考えられます。

 

ペプチドワクチンとは

これに対して一般のペプチドワクチンは、がん抗原(ペプチド)を皮膚内に注射します。注射した皮膚の近くにある樹状細胞(ランゲルハンス細胞)ががん抗原を発見して貪食(食べる)すると、樹状細胞はその抗原を提示し、リンパ節に移動してT細胞にその情報を伝え、攻撃が始まるというプロセスをたどります。

当院で行っている樹状細胞がんワクチン療法は、抗原提示した樹状細胞を予め莫大な数に培養してから体内に戻すため、迅速にがんへの攻撃が始まるのと同時に、がんを監視し攻撃の指令を出すネットワーク網を綿密に張り巡らせることができると考えています。当院の樹状細胞がんワクチン療法は、一般のがんワクチンとは根本的にしくみが異なるため、得られる効果にも大きな違いがあると考えられます。
 



  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択