医療のFAQ

がんワクチンとは何ですか?

がんワクチンは、がんなどの特定の異物に対して特異的に反応する「獲得免疫(特異的免疫)」を活性化することによって、がん細胞だけを集中攻撃することができる治療法です。人間に生まれながらにして備わっている免疫力を使ってがんを攻撃するため、副作用がほとんどありません。
また、一般の感染症などのワクチンのように、敵を認識して攻撃するという一連の免疫反応を記憶することができるため、再発によってがん細胞が再び発生したときにも、がんワクチンの免疫反応が働き、がんを攻撃することができると考えられています。治療だけでなく、再発予防も期待できる治療法としていま世界的にも注目されています。



  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択