医療のFAQ

樹状細胞がんワクチン療法の効果を教えてください。

樹状細胞がんワクチン療法には下記の3つの方法があります。

・ 自分のがん組織を利用した自己がん組織樹状細胞療法
・ がんの特徴を持つ人工抗原を利用した人工抗原樹状細胞療法
・ 樹状細胞をがんに直接注入する局所がん樹状細胞療法

自己がん組織樹状細胞療法局所がん樹状細胞療法については、国立大学で臨床研究を行っており、臨床的に有益であることが証明されています。九段クリニック分院では、それらの技術をさらに改良したものを導入しています。
また、自己がん組織樹状細胞療法の臨床研究では、がん標準治療(手術、抗がん剤、放射線治療)に無効であった悪性黒色腫および甲状腺がんを対象として約3割にがんの退縮や進行の停止を認めました。中にはこぶし程もあるがんが縮小した症例も認めています。
局所がん樹状細胞療法の臨床研究においても、がん標準治療に無効であった頭頸部のがんを対象として実施されましたが、6症例に対してすべての症例でがんの退縮や進行の 停止を認めました。これらはいずれも欧米の論文に掲載されており、科学的な裏付けがなされています。
一方、人工抗原樹状細胞療法は、世界で多くの臨床研究が行われており、当センターにおいてもこれらの技術を導入しています。
 



  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択