医療のFAQ

樹状細胞がんワクチン療法は、再発がん、転移がんにも効果はありますか?

手術後の転移・再発の予防に樹状細胞がんワクチン療法を用いることは、患者さまにとって有益であると考えられます。これまで世界で行われてきた樹状細胞がんワクチン療法の臨床研究は、主に再発や転移をしている進行がん・末期がんを対象として行われてきました。これらで確認された抗がん作用は、再発予防に重要なミクロのがんに対しても免疫学的に同様に作用すると考えられています。従って、もしがんの手術後にミクロなレベルでがん細胞が残存している場合、樹状細胞がんワクチン療法を行うことで、がんの転移・再発の確率を下げる、あるいは予防できる可能性が十分あるといえます。



  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択