医療のFAQ

治療の期間はどのくらいですか?

活性NK/NKT細胞療法の場合は、末梢血からの採血によってリンパ球を採取し、それを約2週間かけて培養調整して、患者さまに戻します。活性NK/NKT細胞の投与は基本的に2 週間の間隔で行い、治療期間は1クール5回です。樹状細胞がんワクチン療法と併用する場合は1クール5~7回の治療に合わせて行うことができます。期間は約2ヵ月半~3ヵ月半程度かかります。
樹状細胞がんワクチン療法の場合は、まずアフェレーシスという特殊な採血によって樹状細胞のもととなる細胞を採取し、その細胞を約3週間かけて培養調整します。できあがった樹状細胞 は基本的に2週間の間隔で投与します。
自己がん組織樹状細胞療法人工抗原樹状細胞療法の場合は、5~7回の投与を1クールという単位で治療を行っています。

一方、局所がん樹状細胞療法の場合は、4回の投与が1クールとなります。
患者さまの体調や現在進行中のがん治療があればそのスケジュールにもよりますが、樹状細胞の投与開始から1クール終了までに 2ヵ月半~3ヵ月半程度かかります。
局所がん樹状細胞療法の場合は、本療法を開始する(投与する)前に局所のがん治療(温熱療法、ラジオ波や放射線治療など)を行うことがあり、治療はその後に始まることがあります。1クール4回の治療になりますので、約2ヵ月半程度かかります。
 



  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択