医療のFAQ

ビタミンC大量点滴療法は、どのような効果がありますか?がんが治るのでしょうか。

大量にビタミンCを摂取すると、代謝の過程で「過酸化水素」が発生します。正常細胞は、抗酸化物質のカタラーゼを含むため、過酸化水素を無毒化し影響を受けませんが、がん細胞はカタラーゼの活性が低いため、過酸化水素が毒素として働き消滅します。つまりビタミンCには抗がん剤と同様の作用があります。ビタミンC大量点滴療法は補助療法の一つとして、他の療法と併用することをおすすめいたします。



  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択