医療のFAQ

樹状細胞がんワクチン療法と活性NK/NKT細胞療法はどう違うのですか?

樹状細胞がんワクチン療法は、患者さまのがん細胞が持っている特徴(がん抗原)をターゲット(標的)として、そのがん細胞だけを狙い撃ちするように免疫力を高める最先端のがん免疫細胞療法です。
一方、活性NK/NKT細胞療法は、患者さま自身のリンパ球(NK、 NKT等)を活性化・増殖させることで、MHCクラスI分子の発数が低下しているがん細胞やウイルス感染細胞を直接攻撃する治療法です。正常細胞を傷つけることなく、がんの治療や再発防止を目的として行います。



  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択