医療用語辞典

アバスチン

よみ あばすちん
カテゴリー がんの治療法

アバスチン(一般名ベバシズマブ)は分子標的薬として開発された薬剤です。日本では手術ができない進行・再発の結腸がん、直腸がんを適応として発売されました。
作用としては新たな血管を作る指令を出すVEGF(血管内皮成長因子)という物質の作用を阻害するもので、がん細胞に酸素や栄養を運ぶ新たな血管が作られるのを阻害することでがんを兵糧攻めにして、その増殖や転移を防ぎます。


ホーム > 医療用語辞典 > がんの治療法 > アバスチン


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択