医療用語辞典

トモセラピー(最新型放射線治療装置)

よみ ともせらぴー(さいしんがたほうしゃせんちりょうそうち)
カテゴリー がんの治療法

トモセラピーはCT(コンピュータ断層撮影装置)とリニアック(放射線治療装置)を一体化させ、がん組織にピンポイントで放射線を集中照射できる装置です。トモセラピーはごく小型の放射線発生装置が内蔵され、CTのように治療用のベッドを動かしながら、細かな放射線ビームをがん病巣に集中的に照射することができます。
がん組織周囲の正常細胞を傷つけることが少ないため、頭頚部がんや前立腺がん、脳転移がんなどに有効だといわれています。


ホーム > 医療用語辞典 > がんの治療法 > トモセラピー(最新型放射線治療装置)


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択