医療用語辞典

陽子線治療

よみ ようしせんちりょう
カテゴリー がんの治療法

陽子線治療とは放射線治療の一つで、がん細胞のみに集中的に放射線を当てる治療法です。
通常の放射線治療で使われるX線やγ線は、体に照射すると体の表面で最も放射線の量が多くなり、体内に入るとそのエネルギーが徐々に小さくなります。それに対して陽子線は、体表ではあまり放射線を出さず、体内に入りある距離に達すると放射線を大量に放出するという性質があります。
そのため陽子線の加速度を調整することで、目標のがんの部分で最も大量の放射線を放出することができると考えられています。
陽子線治療は、がんの大小や場所にかかわらず、がんをピンポイントで狙い撃ちすることができるため、正常な細胞への放射線による傷害を軽減することができ、免疫力の低下も防ぐことが期待できます。


陽子線治療は放射線治療が行えるがんには適応になりますが、特に脳、眼球、神経、唾液腺血管など、放射線が当たると危険な部位に近接したがんに向いています。ただし、がん病巣が転移しておらず、その部位に限定されていることが条件となります。


ホーム > 医療用語辞典 > がんの治療法 > 陽子線治療


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択