医療用語辞典

内視鏡治療

よみ ないしきょうちりょう
カテゴリー がんの治療法

内視鏡とは先端にレンズのついた管を体の中に入れて、観察や処置、治療を行う医療機器です。がんでは内視鏡治療が行える一般的な条件があります。条件とは、食道、胃、大腸などのがんが粘膜内にとどまり、リンパ節への転移の可能性がない早期がんの場合に限られています。内視鏡治療は開腹手術より入院日数が短く済み、費用面や体への負担が少ない治療法といえます。最近では、腹腔鏡(内視鏡の一種)を用いて胃がんや大腸がんの手術も行われています。


ホーム > 医療用語辞典 > がんの治療法 > 内視鏡治療


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択