医療用語辞典

低侵襲放射線療法

よみ ていしんしゅうほうしゃせんりょうほう
カテゴリー がんの治療法

IMRT(強度変調放射線治療)専用の放射線装置によって、がん周囲の正常細胞への傷害を最小限に抑えた治療法です。放射線の当て方に強弱をつけるなどの改良によって、がんに当たる放射線の量だけを増やします。
正常な細胞が傷つくことが少ない分、体への負担が軽く、免疫機能を下げない新しい放射線治療として注目されています。低侵襲放射線治療には、ガンマーナイフ、トモテラピー、陽子線治療装置などが使用されています。

 

このIMRTによる低侵襲放射線療法と「新樹状細胞ワクチン療法」、「がん休眠療法」などを組み合わせるなど、個別化医療の概念に基づくがん治療プログラムも可能です。


ホーム > 医療用語辞典 > がんの治療法 > 低侵襲放射線療法


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択