医療用語辞典

CT検査

よみ しーてぃけんさ
カテゴリー 早期発見・予防

CT検査はX線を利用した検査方法で、通常のX線検査では一方向からX線を照射するのに対し、CT検査では360度の方向からX線を照射。そのデータをコンピュータで処理し、断層写真として観察します。小さながんでも発見できるのが特徴。
PETとCTを合体させた「PET-CT」という検査装置もあります。


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択