医療用語辞典

PET検査(陽電子放射断層撮影)

よみ ぴーいーてぃけんさ(ようでんしほうしゃだんそうさつえい)
カテゴリー 早期発見・予防

がん細胞は正常細胞に比べて新陳代謝が活発で、栄養となるブドウ糖を正常細胞の数倍取り込むという特徴があります。PET検査はそうしたがん細胞の特徴を活用した検査方法で、ブドウ糖に似た物質を体内に注射し、全身に回ったところでスキャンし、新陳代謝が旺盛な部分を色の違いによって判定します。PET検査はがんの早期発見に役立つ検査方法ですが、もちろん万能ではありません。例えばブドウ糖の消費が激しい脳では、脳腫瘍が隠れてしまうことがあります。がんの位置を正確に見る場合にはCTと併用して検査し精度を高めることもあります。


ホーム > 医療用語辞典 > 早期発見・予防 > PET検査(陽電子放射断層撮影)


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択