医療用語辞典

MRI(核磁気共鳴画像法)

よみ えむあーるあい(かくじききょうめいがぞうほう)
カテゴリー 早期発見・予防

MRIは、強力な磁石と電波を利用して、体内の状態を映像化する方法です。一般的にはCTよりMRIの画像のほうが鮮明とされ、主にCTを補足する目的で使われます。人工関節や心臓ペースメーカーを入れている場合はMRI検査を受けられません。


ホーム > 医療用語辞典 > 早期発見・予防 > MRI(核磁気共鳴画像法)


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択