医療用語辞典

乳がん検診

よみ にゅうがんけんしん
カテゴリー 早期発見・予防

乳がんは、乳房の中にある乳腺にできるがんです。乳腺は母乳をつくる「小葉」と、母乳を乳首まで運ぶ「乳管」に分かれます。がんが小葉や乳管にとどまっているがんを「非浸潤性乳がん」と呼び、周囲にまで広がっているがんを「浸潤性乳がん」と呼びます。
乳がんの検診としては、「問診・視触診」、「マンモグラフィ検診」、「超音波検診(エコー)」があります。


<問診・視触診>
問診・視触診では、乳房を視診と触診によってしこりがあるかどうかを確認します。職場や地域の検診で多く行われている方法ですが、ある程度の大きさのしこりでないと判別することができず、早期発見の精度は高くありません。


<マンモグラフィ検診>
マンモグラフィ検診は、乳房専用のX線撮影による検査方法です。触診では発見できないごく小さなしこりや病変をとらえることができます。乳房は立体的な形をしているために、そのままでは腫瘍などが隠れてしまうことがあります。マンモグラフィは乳房を平たく圧迫して撮影するため、病変が見やすくなり、またX線被爆量が少なくてすむというメリットがあります。


<超音波検診(エコー)>
超音波検診(エコー)は、手で触れただけでは判別しづらいしこりを発見することができる検査方法です。乳腺の発達している女性のしこりの発見でき、リアルタイムで検査結果をみることができます。ただし、診断士の技術が必要で、微細な石灰化は発見しにくいというデメリットがあります。


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択