医療用語辞典

胃がん検診

よみ いがんけんしん
カテゴリー 早期発見・予防

胃がんは多くの場合、病変の中に潰瘍ができるため、痛みや出血、胃の不快感といった胃潰瘍に似た症状が現れることがあります。また進行した胃がんの場合は、痛みよりは食事が通らない、胃が重い、体重が減る、食べ物がつかえるといった症状が現れることがあります。
胃がんの検査方法としては、「胃X線検査」、「胃内視鏡検査」、「ペプシノゲン法」、「ヘリコバクターピロリ抗体」があります。

 

<胃X線検査>
胃X線検査は、最も一般的な胃がん検診法です。硫酸バリウムというX線を透過しない物質と、胃の中で炭酸ガスを発生する発泡剤を飲み、空気とバリウムで胃の中の微細な凹凸や変化を映し出します。検査当日は朝から何も食べたり、飲んだりしてはいけません。

 

<胃内視鏡検査>
胃内視鏡検査は、先端にレンズがついた内視鏡を用い、食道、胃、十二指腸を観察します。他の胃がん検査と比べて胃内視鏡検査は最も精度の高い検査方法といわれ、異常が発見された場合、その場で病理検査が行えるというメリットもあります。

 

<ペプシノゲン法>
ペプシノゲン法は、血液検査によって胃粘膜の萎縮の程度を判定する方法です。陽性(萎縮が認められる)と判定された場合は、内視鏡検査による精密検査が行われます。

 

<ヘリコバクターピロリ抗体>
ヘリコバクターピロリ抗体は、ヘリコバクターピロリという胃粘膜萎縮の進行に関与し、胃がん発症の原因となる細菌への感染を測定する方法です。測定方法はいくつかありますが、胃がん検査では血清や呼気から検査する方法があります。


ホーム > 医療用語辞典 > 早期発見・予防 > 胃がん検診


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択