医療用語辞典

腫瘍マーカー

よみ しゅようまーかー
カテゴリー 早期発見・予防

腫瘍マーカーとは、血液中に含まれるがん細胞が作り出す物質(がん抗原)の量を測定した値。がんになるとがん細胞が作り出す物質が血中に出てくることがあるため、がんの発症の診断や、がん治療後の経過観察のために腫瘍マーカーを測定します。
検査は、採血した血清や尿などにモノクローナル抗体という試薬を加え、腫瘍マーカー(がん抗原)に結合した抗体の量を測定します。
血中の腫瘍マーカーでの早期がんの発見率はそれほど高くなく、腫瘍マーカーの値が大きいほど、かなり進行したがんである場合が多いといわれています。


ホーム > 医療用語辞典 > 早期発見・予防 > 腫瘍マーカー


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択