医療用語辞典

肺がん

よみ はいがん
カテゴリー がんの種類

i_hai.gif

<特徴>
肺がんは、小細胞がんと非小細胞がんという2つのタイプに分けられます。非小細胞肺がんは、さらに腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんなどに分類されます。このうち日本人では非小細胞がんに分類させる腺がんの発生率が最も高く、さらに肺の抹消部分に発生する「肺野型」の肺がんが多いといわれています。
次に多いのがやはり非小細胞がんに分類される扁平上皮がんで、気管支に近い肺に発生する「肺門型」の肺がんです。肺門型の扁平上皮がんは喫煙者のリスクが高く、受動喫煙と呼ばれる喫煙者の副流煙を吸い込むことも肺がんのリスク要因と言えます。


<主な症状>
肺がんの主な症状は、痰や咳、胸の痛み、息切れ、声のかすれなどがあります。扁平上皮がんや小細胞がんに多い肺門型の肺がんでは、早い段階から咳や痰、血痰などの症状が出やすいといわれています。
また、腺がんに多い肺野型の肺がんでは、自覚症状に乏しく、職場や地域の健康診査で発見されることが少なくありません。初期に肺がんに気付かず進行してしまった場合には、頭痛(脳転移)や腰痛(骨転移)、胸の痛み(胸水)などでがんに気付くこともあります。


<診断>
肺がんの診断は、まず胸部X線やX線CTによる検査を行い、喀痰検査によって痰の中にがん細胞があるかどうかを調べます。
痰が出なかったり、痰では診断がつかない場合は、気管支鏡か内視鏡によって気管支内を観察し、組織や細胞を採取します。疑わしい病巣まで気管支鏡等が届かなかった場合には、肺の病巣に針を差して細胞を採取することもあります。画像診断ではX線CTが優れていいます。


<治療>
肺がんの標準治療は、まず切除手術が第一選択肢となります。早期発見されれば、手術はとても有効な治療法です。手術が出来ない場合には放射線治療が行われます。
また、肺がんの約8割は非小細胞がんといわれる種類ですが、この種類のがんは早期の場合だけに手術による切除を行い、また手術後は抗がん剤による化学療法が必要になります。非小細胞がんでは発見時は手術のタイミングを逃している場合も少なくありません。非小細胞がんは抗がん剤が効きにくいとされています。最近では分子標的薬のイレッサも使用されています。

<免疫療法>
肺がんの免疫療法は、その効果が数多く報告されています。国立台湾大学病院では、従来の治療で効果が無かった肺がん患者8名に対して、自己がん組織によるワクチンを投与したところ、3名に効果が出たと報告しています。また、アメリカのスタンフォード大学では、直腸がんと肺がんの患者12名に、人工抗原を使ったワクチンを投与したところ、半分の6名に効果があったという報告があります。樹状細胞を局所に投与する方法も有効だという報告も出ていますが、肺炎になったり肺に水がたまったりするリスクもあるので、治療には十分な注意が必要です。アベ・腫瘍内科・クリニックで「樹状細胞がんワクチン治療」をした、標準治療無効の進行・再発の肺がん患者さまの中で、連続してデータを集積できた22名について調べたところ、完治2名、縮小3名、進行がストップした例が10名でした。また、22例中、ワクチンが有効だった15例について900日以上の長期生存が約70%にのぼりました。無効であった7例についても300日以上の生存が約40%見られました(延命効果)。  


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択