医療用語辞典

大腸がん

よみ だいちょうがん
カテゴリー がんの種類

i_daicyou.gif

<特徴>
大腸は、成人で長さが約2メートルあり、結腸と直腸、肛門からなります。がんは大腸粘膜のあるところならどこにでもできますが、日本人では主にS字結腸と直腸にがんができやすいといわれています。
また、大腸がんは50歳くらいになると増加し始め、年齢が高くなるほど大腸がんになる人が増える傾向にあります。死亡率は肺がんに次いで多く、食生活の欧米化に伴って大腸がん患者が増えてきています。多くの場合、腺腫というポリープががんになりますが、中にかポリープを経ずに粘膜が直接がんになるケースもあります。


<主な症状>
大腸がんの主な症状としては、肛門からの出血、便が細くなる、便秘と下痢が交互に起こるなどがあり、これらはS状結腸や直腸にがんができたときに起こりやすい症状といわれています。また、大腸がんではがんの中心が潰瘍となって出血を起こすことがあり、それが血便となって現れることがあります。便に伴う出血は痔と間違いやすく、発見を見落としてしまうことがあります。大腸がんによる出血の場合は肛門痛がなく、暗褐色の血液が便に混じったり、黒い血の塊が出るようなことがあります。
なお、初期の頃には自覚症状がないことがほとんどで、また進行した大腸がんでも、肛門から離れた盲腸がんや上行結腸がんでは血便が見られないことがあります。大腸がんがかなり進行すれば、嘔吐や腸閉塞症状などの自覚症状が現れます。


<診断>
大腸がんの診断は、まず大便の潜血反応を確認します。大腸がんの恐れがある場合は、診断を確定させるために大腸内視鏡検査、注腸X線検査などを行います。内視鏡検査では、病変を発見した場合、その場で病変組織の一部を採取して、細胞組織を検査することがあります。
大腸がんと確認された後は、進行度合いを確認するために、CTやMRI、超音波検査、PETなどの画像診断を行う場合もあります。


<治療>
大腸がんの標準的な治療法としては、内視鏡的切除、外科療法、放射線療法、化学療法があります。
この中でも基本となるのは患部を切除する外科療法で、早期がんの場合でも手術が必要なになることがあります。
放射線療法は、手術が可能な場合で、骨盤内からの再発の抑制や手術前に腫瘍のサイズを縮小する、肛門の温存を図ることなどを目的に行われることがあります。また、切除が難しい場合に骨盤内での腫瘍による痛みや出血などの症状の緩和、延命を目的として放射線治療を行うこともあります。
抗がん剤による化学療法は、主となる治療の補助的に、進行がんによる再発の予防を目的として行う場合と、手術が不可能な進行・再発がんの場合に、延命やQOLの向上を目的として行う場合とがあります。


<免疫療法>
大腸がんの免疫療法は、転移性の結腸がん(大腸/直腸がん)に対して行った樹状細胞療法で23%の人が反応を示し、平均生存期間が23ヶ月延長したという臨床結果があります。
(出典:Journal of Clinical Oncology, 2006 ASCO Annual Meeting Proceedings Part I. Vol 24, No. 18S)

アベ・腫瘍内科・クリニックで「樹状細胞がんワクチン」治療した、標準治療無効の進行・再発の大腸がん患者さまの中で、連続してデータを集積できた32名について調べたところ、縮小7名、進行がストップした例が12名でした。
また、32例中ワクチンが有効だった19例について、550日以上の長期生存が約70%以上にのぼりました。無効であった13例についても900日以上の生存が約60%得られています(延命効果)。


ホーム > 医療用語辞典 > がんの種類 > 大腸がん


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択