医療用語辞典

卵巣がん

よみ らんそうがん
カテゴリー がんの種類

i_ransou.gif

<特徴>
卵巣はご存知のように子宮の両脇に一つずつある親指大の臓器です。卵巣は卵子を成熟させ、また周期的に女性ホルモンを分泌しています。卵巣がんで最も多いのは、卵巣を覆う表層の細胞に起こる「上皮性腫瘍」で、卵巣がんの90%を占めるといわれています。次いで多いのは、卵子のもとになる胚細胞から発生する「卵巣胚細胞腫瘍」です。
卵巣がんは40歳代から増加し、50歳代前半でピークを迎えます。出産歴がない、子宮内膜症、高脂肪の食事、ホルモン補充療法などが卵巣がんのリスク要因として指摘されています。


<主な症状>
卵巣がんは一般的にほとんど自覚症状がなく、腹膜などに転移してから気がつき、発見されることが少なくありません。腫瘍が大きくなると膀胱が圧迫されるために尿が近くなるなどの症状が現れることがあります。また、転移しやすいがんの場合は腹膜に転移して腹水がたまりお腹が膨れたり、胸水がたまって息切れなどの症状が現れることがあります。


<診断>
卵巣がんの診断は、婦人科の診察によってかなりの確度でわかります。診察によってがんが疑われる場合は、超音波、CT、MRIなどの画像診断が行われます。
また、血液検査だけで卵巣がんとわかることもあります。ただし早期がんの場合は血液検査だけでは発見は難しいようです。


<治療>
卵巣がんの治療は、標準治療ではまず手術が検討されます。転移がない場合は手術で治りますが、他の臓器への転移がある場合には手術後、抗がん剤による化学療法が行われます。脳に転移した腫瘍の場合は、手術後、ガンマーナイフなどの放射線治療が行われることがあります。


<免疫療法>
卵巣がんの免疫療法は、良好な報告が数多くなされています。ドイツのボン大学のグループによる研究では、6名に自己がん組織による樹状細胞療法を行ったところ、3名で進行が停止。日本では慈恵医大で標準治療では効果が得られなかった患者に自己がん組織による樹状細胞療法を行ったところ、2名で進行が止まりました(2009年11月現在)。


ホーム > 医療用語辞典 > がんの種類 > 卵巣がん


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択