医療用語辞典

肉腫

よみ にくしゅ
カテゴリー がんの種類

非上皮細胞にできる悪性腫瘍を肉腫と呼びます。

 

細胞は大きく上皮細胞と非上皮細胞に分けられます。上皮細胞というのは、皮膚、胃、腸の粘膜など、臓器などの表面を作っている細胞です。非上皮細胞というのは、体を支えている部位を構成する細胞です。骨、筋肉、血管、脳、神経などをです。

上皮細胞にできる悪性腫瘍を「がん」と呼びます。このように「がん」と「肉腫」はがん化する細胞の違いによって分類されます。


ホーム > 医療用語辞典 > がんの種類 > 肉腫


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択