医療用語辞典

温熱療法

よみ おんねつりょうほう
カテゴリー がんと個別化医療

温熱療法は遠赤外線、光線、温泉、ラジオ波などを利用して体を温めることで運動能力が向上や、代謝が活発になるなどの効果を期待できるものです。

最近の研究によると、一定の条件で体に温熱を与えることでHSP70というヒートショックタンパクが発現し、細胞内の傷ついたタンパク質を修復する役割を果たしていることがわかっています。

 

正常細胞は加熱されると血管が拡張して熱を逃がすシステムが働きますが、がん細胞は新生血管という細い血管のために、加熱されると熱を発散することができず42~43℃の加熱で死滅すると言われています。

がん治療に温熱療法を採り入れる場合、全身温熱と局所温熱の2つの方法があります。

 

全身温熱は全身の温度を39℃ほどに保ち、免疫活性を高めようとする方法です。

 

局所温熱は疾患部の深部まで熱エネルギーを届け、がん細胞を死滅させようとする方法です。体表面を加熱するわけではなく、疾患部を挟む2つのアンテナからラジオ波を送ることでジュール熱を発生させます。

ジュール熱とは、電流が流れるとき、途中に抵抗(この場合は腫瘍)があると発生する熱です。がん細胞は活発に働いているので健康組織に比べてイオン濃度が非常に高い状態にあります。つまり、伝導率が高いため、必然的にがん細胞周辺に電流が集まりジュール熱が発生しがん細胞が死滅します。

 

局所温熱によるがん治療の場合、42~43℃という温度は1つの指標であり、重要なのは、がん細胞がどれだけの熱エネルギーを吸収したかという熱量が治療の一番の指標になります。


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択