医療用語辞典

温熱療法

よみ おんねつりょうほう
カテゴリー がんと個別化医療

p_onnetsu.jpg

温熱療法は遠赤外線、光線、温泉、ラジオ波などを利用して体を温めることで運動能力が向上や、代謝が活発になるなどの効果を期待できるものです。

最近の研究によると、一定の条件で体に温熱を与えることでHSP70というヒートショックタンパクが発現し、細胞内の傷ついたタンパク質を修復する役割を果たしていることがわかっています。

 


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択