医療用語辞典

獲得免疫(特異的免疫)

よみ かくとくめんえき(とくいてきめんえき)
カテゴリー がん免疫細胞療法

獲得免疫(特異的免疫)とは、敵(抗原)を特定し、その敵に合った武器を作って攻撃を仕掛けることができる高度な免疫反応のこと。免疫細胞(=白血球)は骨髄で作られますが、そのまま骨髄に残って成熟する免疫細胞と、骨髄から外に出て心臓の上にある胸腺という臓器へ行って成熟する免疫細胞とに分かれます。
骨髄で成熟する免疫細胞を骨髄(Born marrow)の頭文字を取って「B細胞」と呼び、胸腺で成熟する免疫細胞を胸腺(Thymus)の頭文字を取って「T細胞」と呼びます。
これらの免疫細胞はそれぞれ異なった働きをし、いずれも敵を特定して攻撃を仕掛けることができることから「特異的免疫」とも呼ばれています。

 

なお、免疫細胞の中には、この自然免疫(非特異的免疫)と獲得免疫(特異的免疫)の両方の性質を持っているNKT細胞(ナチュラル・キラーT細胞)があります。


ホーム > 医療用語辞典 > がん免疫細胞療法 > 獲得免疫(特異的免疫)


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択