医療用語辞典

免疫

よみ めんえき
カテゴリー がん免疫細胞療法

免疫とは「疫(病気)」を「免れる」、つまり病気にならないように体を守る仕組みのこと。体にはさまざまな病気を引き起こす細菌やウイルスが侵入してきますが、こうした自分以外の「よそ物」をすべて排除するのが免疫システム。生まれながらにして私たちに備わっている「生体防御システム」です。

 

免疫の働きを中心的に担っているのは、骨髄でつくられた白血球です。免疫細胞とはいわゆる白血球のことで、単球顆粒球リンパ球などたくさんの種類があります。そしてこれらの免疫細胞が体全体をすみずみまで循環しながら、細菌やウイルス、がん細胞などを監視しています。

 

また、免疫細胞はそれぞれ異なる働きをしています。その働きは大きく二つのグループに分けられ、一つは、敵(抗原)の侵入に気がついて最初に駆けつけ、無差別に攻撃する「自然免疫」(非特異的免疫)グループ。もう一つは、敵を特定し、その敵に合った武器を作って攻撃を仕掛ける「獲得免疫」(特異的免疫)グループです。


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択