医療用語辞典

がん幹細胞

よみ がんかんさいぼう
カテゴリー がん免疫細胞療法

がん細胞には正常細胞と同じように、もとになる細胞、すなわち、がんの幹細胞が存在することがわかってきました。

【発見】

1997年にカナダのトロント大学附属研究所で、John E. Dick博士らにより白血病でがん幹細胞の存在が最初に明かされました。その後、2003年に米国ミシガン大学のMax S. Wicha教授らによって乳がん、2005年、2006年に九州大学の森正樹教授らにより肝臓と大腸のがん幹細胞が発見されています。

がん幹細胞には解明されていない部分がたくさんありますが、すべてのがん細胞はがん幹細胞から派生しているという仮説が唱えられています。

 

【特徴】

がん幹細胞は細胞分裂の仕方に特徴があります。

がん細胞の場合は分裂して自分と同じ細胞を作ります。1個が2個、2個が4個と際限なく分裂し続けます。一方、がん幹細胞は2つに分裂すると、1個は自分と同じがん幹細胞に、もう1個はただのがん細胞になります。このがん細胞として分裂した方は、すごいスピードで細胞分裂を繰り返して増殖していくことになります。しかし、がん幹細胞となった方は、ほとんど休眠状態で、時が来ると、再び2つの異なる細胞に分裂して、片方(がん細胞)は増殖していき、もう片方(がん幹細胞)は休眠状態となります。

 

すべてのがん細胞ががん幹細胞から派生しているという仮説が正しければ、がん幹細胞を叩かない限り、がん細胞は延々と作り続けられしまいます。

治療がうまくいったはずなのに、数年後に再発や転移がみつかることがよくあります。この原因は手術、抗がん剤や放射線から逃れたがん幹細胞が再び分裂して、がん細胞を作り出しているからだと考えられるようになってきました。

 

【がん幹細胞と三大治療】

抗がん剤や放射線治療はがん細胞が正常細胞に比べて、細胞分裂の速度がとても速いことに着目して開発されています。細胞が2つに分裂する時の状態は不安定で、DNAがむき出しになるため、分裂が速いほど攻撃されやすくなるのです。しかし、がん幹細胞はほぼ休眠状態のため、抗がん剤や放射線治療の標的になりにくいのです。また、がん幹細胞は抗がん剤を排出する能力に長けていることに加え、抗がん剤や放射線によるダメージを受けても、修復する能力が高いとも言われています。

 

【がん幹細胞と免疫細胞療法】

がん治療分野では、がん幹細胞をターゲットにした新しい治療法を開発しようと、世界中で研究が行われています。

そんな中、2008年には慶應大学や大阪大学が動物実験でいち早く、リンパ球や樹状細胞を使った免疫療法で、がん幹細胞の分子をターゲットにして、がん幹細胞を死滅させることができると証明しました。免疫細胞療法は、がんの根治につながる治療法として、非常に有望だと注目されています。


ホーム > 医療用語辞典 > がん免疫細胞療法 > がん幹細胞


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択