医療用語辞典

免疫療法

よみ めんえきりょうほう
カテゴリー がん免疫細胞療法

がん免疫療法は、がんの三大治療法(手術、抗がん剤、放射線)に続く、第四の治療法として世界中で期待されています。
近年注目を集めているがん免疫療法は、健康食品などによって免疫力を高めるものではなく、分子生物学や免疫学、遺伝子工学といった最先端科学を応用した新しい分野で、その人自身に備わっている天与の免疫力を利用したがん治療法です。
がん免疫療法の最大の特徴は、がん細胞だけを攻撃するために副作用がほとんどないこと、全身に転移したがんに対しても有効であること、再発したときの監視役にもなることで、現在、標準治療では救えないとされている末期や進行がんの患者にも希望の光を与える治療法ともいえます。
デメリットはどこででも受けられる治療ではないために健康保険が効かず、医療費が高額なこと。また、きちんとした設備の整っている施設でしか受けられないことです。
最先端のがん免疫療法としては、「樹状細胞ワクチン療法」や「活性NK細胞療法」「活性NK/NKT/γδT細胞療法」などがあります。

 

»免疫療法による癌治療はアベ・腫瘍内科・クリニックで。

免疫療法のパイオニア、阿部博幸が主宰する当院では「人生を支えるがん治療」を提唱し、
一人ひとりに最適な医療を提供しています。


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択