医療用語辞典

人工がん抗原

よみ じんこうがんこうげん
カテゴリー がん免疫細胞療法

人工がん抗原とは、人工的に作ったがん細胞を見分けるための目印(がん抗原)。がん細胞は何種類もの印を持っていますが、患者のがん抗原がわかっている場合は、それと同じ人工がん抗原を用いて、樹状細胞に取り込ませて治療に用いることができます。

 

人工がん抗原を使用するメリットは、自分のがん組織がなくても治療ができること。さらに、最初から標的であるがんの印を覚えさせた樹状細胞を治療に用いることから、明確にがんだけを攻撃することができることです。
また、人工がん抗原を使用すると免疫反応をチェックするのが容易であることから、治療効果を評価できるという大きなメリットもあります。治療効果を確認しながら、治療を継続するのか、それとも中止するのか、あるいはいつ頃再開するのかといった判定ができるようになります。
 

人工がん抗原の中でも最強と言われているは「WT1」です。


ホーム > 医療用語辞典 > がん免疫細胞療法 > 人工がん抗原


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択