医療用語辞典

人工がん抗原

よみ じんこうがんこうげん
カテゴリー がん免疫細胞療法

人工がん抗原とは、人工的に作ったがん細胞を見分けるためのがん抗原(がんの目印)です。

1990年以降、いくつものがん抗原が特定され、人工的に合成することが可能となり、がんワクチンとして実用化されています。

 

樹状細胞ワクチンの実用化にも人工がん抗原が不可欠です。本来は患者自身のがん組織をライセートとして使用するのが理想的なのですが、治療に十分な量が確保できない、手術の予定がないなど様々な事情により人工がん抗原を使用する割合が高いと考えられます。

 


ホーム > 医療用語辞典 > がん免疫細胞療法 > 人工がん抗原


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択