医療用語辞典

がん抗原

よみ がんこうげん
カテゴリー がん免疫細胞療法

抗原とは、体の免疫システムが攻撃を仕掛けるための標的とする物質のこと。抗原はあらゆる細胞の表面にあり、自分と自分以外の異物を区別しています。
普通免疫システムは、自分自身の細胞を異物と判断して攻撃することはありませんが、細胞ががん化すると新たな抗原ががん細胞の表面に現れます。これが「がん抗原」です。

 

免疫システムはこのがん抗原を異物と認識して攻撃し、破壊します。天与の免疫システムによってがん細胞の多くは定着する前に死滅しますが、中には免疫システムの監視の目をくぐり抜け、生き延びて延々と増殖するがん細胞が出てきます。これががんのかたまり(悪性腫瘍)です。
最新のがん免疫細胞療法(新樹状細胞ワクチン療法)では、自分のがん組織をすりつぶして抗原(目印)として使う方法と、人工的にがん抗原(人工がん抗原)を作り、それを目印として免疫システムを活性化してがん治療に用いる方法とあります。

 

ただし、自分のがん組織を抗原として用いる場合には、プライベートがんバンクでの適切な方法によって凍結保存された自分のがん組織が必要になります。


ホーム > 医療用語辞典 > がん免疫細胞療法 > がん抗原


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択