医療用語辞典

CTL細胞(細胞障害性T細胞)

よみ しーてぃえるさいぼう(さいぼうしょうがいせいてぃさいぼう)
カテゴリー がん免疫細胞療法

CTL細胞(細胞障害性T細胞)は胸腺で成熟し、特定の敵(抗原)に対して攻撃を仕掛けることができる獲得免疫(特異的免疫)反応を持つT細胞の一種。樹状細胞やマクロファージから敵の情報を伝えられてはじめて攻撃を仕掛けることができます。
敵ががん細胞である場合、パーフォリンという毒素を分泌してがん細胞の膜に穴を開け、その穴から酵素を注入してがん細胞を破壊します。


ホーム > 医療用語辞典 > がん免疫細胞療法 > CTL細胞(細胞障害性T細胞)


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択