医療用語辞典

NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)

よみ えぬけーさいぼう(なちゅらる・きらーさいぼう)
カテゴリー がん免疫細胞療法

NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)は、敵を発見するとどんな敵にも無差別に攻撃を仕掛けることができる自然免疫(非特異的免疫)反応を持つリンパ球の仲間。殺傷能力が高く、生まれつきの殺し屋とも呼ばれる免疫細胞で、体内をパトロールし、がん細胞やウイルスなどを監視。見つけ次第殺傷します。 

 

リンパ球の中でもT細胞B細胞は、マクロファージ樹状細胞から侵入した敵(抗原)の姿や性質を伝えてもらって(攻撃指令を受けて)初めて攻撃を仕掛けることができます。これに対してNK細胞は、自分以外の敵を捕らえるアンテナ(受容体)を持っているため、自ら敵を認識して単独で攻撃を仕掛けることができます。それはがんに変異した自分の細胞に対しても同様の反応を示します。
がん免疫細胞療法では、このNK細胞とNKT細胞(ナチュラル・キラーT細胞)を活性化させがん細胞を攻撃する「活性NK/NKT細胞療法」があります。


ホーム > 医療用語辞典 > がん免疫細胞療法 > NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択