医療用語辞典

樹状細胞

よみ じゅじょうさいぼう
カテゴリー がん免疫細胞療法

樹状細胞は、マクロファージと同じ貪食能を持つ単球由来の細胞ですが、敵(抗原)を食べるだけでなく、敵の印をT細胞に教える「抗原提示能」を持ちます。自然免疫(非特異的免疫)と獲得免疫(特異的免疫)は、がん細胞などの強力な敵に対しては連携プレーによって攻撃を仕掛ける仕組みを持っていますが、樹状細胞はその橋渡しをする重要な免疫細胞として、近年がん治療において脚光を浴びています。

 

樹状細胞ががん抗原を提示するプロセスは、まず樹状細胞ががん細胞を食べて消化し、がん細胞の断片を掌にのせてリンパ節へと移動します。リンパ節内には、武器をつくり、敵を特定して攻撃を仕掛けることができるT細胞が待機しており、樹状細胞はT細胞にターゲットの特徴を教え、第二の免疫反応である獲得免疫の発動を促します。

 

このように樹状細胞の抗原提示能によって、がん細胞に対してより強力な攻撃が仕掛けられることになりますが、弱点はこの樹状細胞は白血球の中でも占める割合が1%以下と極めて少ないことです。しかも樹状細胞になる前の前駆細胞の形で臓器の組織中に潜んでいるため、がん細胞などの敵が増えたとしてもなかなか対処できません。
そこで考え出されたのが「新樹状細胞ワクチン療法」です。


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択