医療用語辞典

マクロファージ

よみ まくろふぁーじ
カテゴリー がん免疫細胞療法

体内に異物が現れると最初に駆けつける免疫細胞。自分以外の異物を無差別に攻撃する自然免疫反応を持ちます。生体防御の要ともいえるマクロファージは、その名のとおり大食いの細胞で、細菌やウイルス、カビ、ゴミ、損傷した細胞、寿命が尽きた赤血球や白血球、過剰なコレステロールなど、ありとあらゆるものを食べる「貪食細胞」です。

 

マクロファージは血液の流れに乗って全身を駆け巡り、傷口に移行するときにはまだ「単球」と呼ばれ、炎症部分に集まったときに「マクロファージ」となります。


ホーム > 医療用語辞典 > がん免疫細胞療法 > マクロファージ


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択