医療用語辞典

胸腺

よみ きょうせん
カテゴリー がん免疫細胞療法

胸腺とは、免疫システムの中心となる内分泌器官のこと。15歳頃に拳くらいの大きさになり、それをピークに年齢を経るにしたがって小さくなります。60歳を越えるとほとんど機能しなくなることから、加齢によってがんが増えるのは、免疫システムの衰えという要素が加わることが一因と考えられています。


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択