医療用語辞典

免疫細胞療法

よみ めんえきさいぼうりょうほう
カテゴリー がん免疫細胞療法

人間には病気を自ら癒す天与のメカニズムが備わっています。体の中に侵入してくるウイルスや、ウイルスに感染した細胞、がん化した細胞などの異物を自ら排除する免疫システムです。この免疫システムを研究して生まれたのが免疫細胞療法です。

免疫の働きは大きく2つに分けられます。1つが「自然免疫」、もう1つが「獲得免疫」です。

自然免疫は、異物に気づいて最初に働く免疫システムです。他の免疫細胞の指示を受けることなしに、異物を見つけるとすぐさま単独で攻撃を仕掛けます。獲得免疫は人が後天的に得る免疫システムです。免疫の司令塔と言われる樹状細胞やヘルパーT細胞などの指示で活性化したキラーT細胞やB細胞が、指令を受け学習することで、特定の異物だけを認識して攻撃を仕掛け、さらに記憶するという高度な免疫の働きといえます。

 

日進月歩する免疫細胞療法のなかでも、最先端といえるのは、自然免疫を強化する「活性NK細胞療法」や、獲得免疫で特定のがん細胞をピンポイントで攻撃する「多価樹状細胞ワクチン」などがあります。正常な細胞を攻撃することなく、がん細胞だけを分子レベルでとらえ攻撃するため、副作用がほとんどないのが特徴と言えます。


  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択