5分で分かる先端医療

腫瘍温熱療法(オンコ・ハイパーサーミア)

腫瘍温熱療法(オンコ・ハイパーサーミア)腫瘍温熱療法(オンコ・ハイパーサーミア)とは、がん治療専用に開発された温熱装置を使用し、局所に温熱を与えて、がんの活動を弱らせたりすることを目的に行う治療法です。患部に集中的に温熱を与えることでがんを弱らせ、(43℃で)死滅させる効果が望めます。

がん治療専用に開発された温熱装置「HY-DEEP 600 WM」は、体の局所深部に作用して体内温度を42℃~43℃まで上昇させ、がん細胞のアポトーシスを誘導します。
13.56 MHzの非電離放射線よる高周波システムが、2つのアンテナからエネルギーを送ります。アンテナには独自のクーリングシステムが施され、皮膚表面には火傷をさせません。エネルギーは最大600ワットまで上げることができ、がんの場所や深さに合わせた治療が可能です。また、頭部を含めたほぼすべてのがんを治療することが可能な画期的な温熱機器です。

4大治療と併用することで、相乗効果を期待できます。

  • 体内を過熱するとがん抗原ががん細胞の表面に出るため、「新樹状細胞ワクチン療法」との併用で相乗効果をもたらします。
  • 化学療法や放射線療法とも相性がよく、相乗効果を期待できます。
     

 




  • 前のページに戻る
  • このページのトップへ

用語集 がんと免疫講座 メインメニュー

用語検索

頭文字から選択

 
 
 
     
         
A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z        

カテゴリから選択